深圳--田園の村から世界での大都会への移り変わり

2017-02-08

  デズニーランドに似ている主題公園は緑地にか囲まれている処で 1992年に深圳で現れるれています。

  深圳は昔の3万人足らずの貧乏ないくつかの小さい「フィシュマンの村」から中国直接外資投資会社と氏私営商社が許される、初めての「特別経済区」に作成させ、世奇跡を作り出しました。これは世界で衝撃的な印象を深刻に与えました。黄さんが昔自弁馴染めた町で迷ったのは当たり前ですね。

  彼はこれに対して昔のことを思い出して:「私の父はドイツで訓練を受けたケミストですが、彼は60年代政治的の原因で香港から逃げ出して12年後中国で再会できるのは信じられないでしょう」。黄さんはもっとのこと思い出し:「父に会うため、まず深圳に来なければいけないですね。その時日ごとに出国できる人数が決められた。我が家族の人は古い学校に集まり、あそこで香港に行ける許可を待っていました。許可が出た人の名前が学校黒板に書かれました」。二週間待っていましたね、その待つ時間利用して十分この深圳の店と食事処たっぶり見物しました。ようやく許可が出て国境を渡しました。「私家族は全員一台半タクシーに乗って行きまいた、いわゆるタクシー半台とはタクシーに引かれたカートでした。

  40年前深圳と香港の間畑が挟んでいる小道と軍事警戒監視塔が数多く点在し、パトロールロ兵士たちは境界線上で見回っていました。「ほら、その丘の頂上に小さい監視塔があるでしょう、あれは1974年からあってきましたね。あれを見たらあんたが香港に近いということを提示していますよ。」黄さんはその監視塔を指しながら、もっと話し出しました:「この境界線でもし人民元を持っていたら何にものも買わなければならなかったですよ、一文あればキャンディ一個でも買わなければならなかったの、人民元は一文も中国以外のところに持ち出すことはできなかったでよ」。

  今のところ状況はまったく逆です。毎日香港へのチェック・ポイントに大陸客さんが込みじまって込みじまっ、彼たちはのプリングバスケットに引いて香港で購入した商品は大部粉乳、赤ちゃん用品など大陸で偽物多いと認められるもの、その中に一杯押し込まれています。彼はこれらのもの大陸でまた売り出し、その値段差を利用して儲かります。

  黄さんは香港に住み着いてから数年後の1984年からよく深圳に尋ねる戻ります。深圳が信じられないスピードで進歩していることを彼はこの目で見てきました。

  「私は喜びにある人に聞きいていてみました:”ここは昔学校がありましたね。”」,黄さんはファッション店の前の歩道で一列に立っているかれの店員たちを見つめながら、「やつらはあまり若くて この辺りは昔どういうものがあったか、わからないですね」、わたしにぶつぶつ話しました。

  黄さんがまた覚えている地名を表示されている一枚小さい地図が地下鉄の出口の所に貼ってあります、但し、それはやはり黄さんに行く場所を案内することができなさそうです。中国いろんな処方言を話ている周りの若い顔たちは深圳がほんとうに移民都市であるということを暗示しているます。

  人は1980年の5月から駐中国至る所から深圳に集まって来ます。その年、中国の偉大な改革指導者鄧小平氏が中国歴史中前例なく、もっとも大胆な経済実験を遂行し始めました。この計画は中国を伝統的な共産主義経済から今のグローバルパワーに変身させました。

  「深圳は移民だちに作られた都会です。」ジェフリー クロタル、中国労働ブリテン活動グループのスポクスマンはそう語る:「そこの政府は、その事実に適応する方針を常に採用しました。

  現在、移住者が彼らの子供たちのために場所を学校で見つけることはもっとより簡単です、しかし、それはまだ任意性が高いですね。」

  彼にとって、黄さんは平気にこの「普通な都市」を見ません。「こういうことがどのように変わったかは、私にとって多くを本当に意味しません」と、彼ははっきり言います。「私は、決して良い共産主義者でなかったと思います。」 

  彼は、軌道です彼が、中国本土を逃れることに慣れて、かつて、彼らがいたつきあわれました – しかし、フィールドの代わりに、彼らは現在世界最大の都市集団で最も住まれた地域の1つを横断します。

  彼は、鉄道を指しながら話し続けていました:「この辺りは中国本土を逃れ見慣れたところだねほら、昔の野辺は現在世界最大の都市集団で最も住まれた地域の1つになりましたね。80sまでには、これらの建物が建てられ、緑もではなく、深圳は電車を降りるとすぐに、セメントと塵がばかりですね。」