深圳の歴史

2017-08-23

  歴史の記録によると、深圳の名前は明の間、1,400年さかのぼられることができる。その時、地元の人々は水田「」で排水管に名をつけた。水田で多くの深い排水管を含む水路で以前縦横に動かれている地域のために、深圳は『深』が『深い』ということを意味して、「深い排水管」を文字通り意味する。清代の初めに、深圳が郡区として作られて、それから新安と宝安と名前を変えられた。深圳(以前宝安郡として知られている)は、中国中央政府によって省の下位地方の都市に昇格した。1980年5月に、それは正式に故中国のリーダー・鄧小平指導中国の「経済特別区」に指名された。

  「中国の特徴による社会主義」を支持している資本主義の実験グランドとして、深圳が小さな漁村は今日中国のもっとも経済区になり中国いたる世界最大の製造ベースとしての評判を得る。

  ソースがインターネットから)